• 2009.05.24 Sunday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

松島へいってみたんだ 〜立ち止まれねぇぜオレの人生は編〜
午後後半。うっすら雨もふってきたりしたけどここまできたら全部回ってやろうと福浦橋へ。



この福浦橋。全長252mで福浦島までを結んでる。福浦島は植物がたくさん。散歩道もしっかり舗装されててところどころに松島を見渡せる場所があってなかなかのんびりするにはよい場所。のほほんと歩いて次の場所へ。

次は観欄亭
ここは政宗が秀吉から京都伏見桃山城内にあった大茶室を譲り受け、そのまま江戸に移し、その後二代忠宗が松島に移して、歴代藩主のお休み所として使われたとのこと。隣には松島博物館が併設されててそこでは伊達家の大名道具やら鎧やらがあった。一番興味あったのは大名自ら出陣したときに大名のいる陣にかざる旗。濃い緑の中に紋があって。わかる?このなんていうかなんともいえないざわざわ感。時代を飛び越えてそれが存在してて、それを通してあー今同じものを見てるんだなぁみたいな。そんな感じ。えーもんみた。

で、まだ時間もあったので雄島にいってみる。
雄島は松島の名前のルーツになったといわれる島で霊場でもあるそう。霊場というだけあってあちこちに穴があいててその中に卒塔婆があったり仏像があったり。いかにも神聖なる土地!って感じがした。



洞窟って心なしかひやっとして澄んでる気がするんだよね。そんなところでベンチに座ってまったりしてみた。こっちのほうにはツアー観光客はこないようでようやく座れた〜っと一息。



そんなこんなで松島の旅は終わり。
今回のまわったところはこの周辺
お土産も買った。萩の月、むう。萩の月は定番。むうはお豆腐入り揚蒲鉾でなかなかウマイ。冷やして食べるとなおグッド。満足。
仙台にもどって少し時間があったのでずんだ茶寮というところでずんだロールを食べる。これもなかなかウマイ。けど一番ウマイと思ったのは横にのってたアイス。激うまかったぁ!東京にも店舗があるらしいので機会があればゼヒ。



今度はもう少しゆったりと行きたいもんだ。

で。さりげなくブログのテンプレート変えてみた。
松島に行ってみたんだ 〜午後のひととき編〜
午後

迷わず五大堂。



2本の赤い橋を渡っていくと小さな島(というより岩)の上にお堂が一つ。その橋、このようになってます。


ざぶーん
なんと海丸見え。ノーパン状態。こえーと思ってたら前からヤンチャな男の子が!危ないっ!と思った瞬間彼の右足は見事にはまって宙ブラリ。落ちなくてよかったよ・・・。

で、五大堂到着


このお堂は、坂上田村麻呂が東征の折に建立した単層宝形造りの建築物が起源なのですが、今のお堂は伊達政宗が創建したものだそうです。

ちなみにこのお堂の上には12支が刻まれてて太陽の方向と同期し、その時点の時刻を表しているそうですよ。すごいですねぇマジデ。これ。写真は酉。


ちなみに五大堂は33年に一度ご開帳があるんだそうで、なんと来年が33年ぶりにご開帳だそうです!僕のうっっっすらした記憶が正しければ2006年8月18日〜20日だったような・・・。当てにしないでください。来年見に行きたいね!中に何があるんだろ。(そこまでリサーチしてない)



次に向かうは瑞巌寺(ZUIGANJI)←最後までなんていうお寺か読めなかった。だって何処にもふりがなうってないんだもん。
ここは超有名なお寺らしい。禅宗のお寺で、平安時代に開かれ、繁栄衰退の歴史をたどり、江戸時代に伊達政宗が現在の状態を完成させることにあいなったと。すっごく浅く説明してみた。
中はスゴイ。とにかくスゴイ。マッキンキン。金ぴか。ふすま一つ一つも金ぴかでその上に様様な様子が描かれてる。当時の伊達家の力を象徴するかのよう。中は残念ながら写真では収められなかったので、瑞巌寺のHPをご覧ください
僕がおもしろいなぁと思ったのが鷹の間。鷹が獲物を捕らえる様子が描かれてる。そこは伊達家の武士たちの控え室だったらしい。伊達家家臣の武を象徴するものなんだろうなぁ。その頃の武士たちの自信というか誇りみたいなのを感じる気がして鳥肌がたった。
ここには宝物庫もあってそこには伊達政宗甲胄像なんてのがあったりしておもしろい。歴代の肖像画もある。



続いては円通院
ここは政宗の孫にあたる光宗の廟所だそうです。光宗は文武両道に優れていたため外様大名から優秀な人材がでることを恐れた江戸幕府によって毒殺された、とされてるそうです。


ここのおもしろいところは西洋文化の影響を強く受けてるところ。この御霊屋の中には光宗象があるんだけど、そこにはなんとハート、ダイヤ、クローバー、スペードといった模様が入ってる!しかも鎖国をしてたはずのこの時代にバラを入手してバラ園まで作られてる。日本最古のバラの絵もある。幕府にばれなかったのはここは伊達家の霊屋だからという理由で立ち入りを禁じてたからだそう。

かと思えば、入り口入ってすぐのところにはこんなものが。

美し〜い!これは松島をあらわしてるそう。



まだまだ続く旅路。次回は〜立ち止まれねぇぜオレの人生は編〜でお届けします。
松島に行ってみたんだ
さて、いっぱい書くことがあるんだけど、とりあえず先に宮城の土産話から!(ミヤギのミヤゲ。ココ笑うところ。)



ホテルを出て仙台駅から仙石線に乗り込む。
何しにきたかって松嶋見にきたんだもの!とりあえず前日にホテルでいろいろ調べた。何があるのかどうまわったら一番見たいものを見て回れるかを頭に入れておいた。旅って行く前が楽しいもんです。

で、仙石線での出来事。超ハイテンションな電車・・・。石ノ森ショウタロウさんにちなんだ電車が走ってるらしく、僕が乗ったのはロボコン電車。ロボコンが止まる駅を案内。僕はロボコン知らないけどおそらく花沢さんの声。駅にとまるとその街に関する情報をロボコンがいろいろいう。歌まで歌う。すげー・・・。旅行者にはいいけど通勤者にとっちゃ地獄列車だなこれは・・・。

松島海岸駅に到着。
駅を降りると即松島。おーーー!島がたくさん見える!まずはこれを堪能しなきゃ!


松島には遊覧船があってコースも4コースくらいある。僕が乗ったのは50分で松島名所を遊覧して戻ってくるもの。まー客層は高齢者ばかりですよ。若さがない。観光バス一行もり。そこに私が一人ですよ。一人旅するとこういうときツライよ・・・。といきなりテンション下がり気味になるが、そこはそれ。楽しい気分にもってきますよ?



出港!ぐおんぐおんと音を立てて出る。BGMは昭和年代に帰ったかのような気分にさせてくれる!最高フォーゥ!

松島は大小270あまりの島があるそう。その一つ一つに名前がついてるっていうからスゴイ。このあたりの人は根気あるな。まぁ島の名前がネタみたいだからネタ好きな人々なんだろう、と勝手に決め付ける。

島が左右に見えるたびにどういういきさつでこういう島の名前がついたかなんて話が聞ける。それは結構おもしろかった。つい最近崩れて二つになった島なんてのもあったりする。

キタキタキター!
島に穴あいてるフォーーーゥ!
ちょんまげ生えた島見えてきたフォーーゥ!
なんかエンジンくさいフォーーーーーゥ!!
かもめすげーフォーーーーーーゥ!!!
甲板はタバコ臭いフォーーーーーーーゥ!!!

潮風どこよフォーーーーーーーーーーーゥ!!!!!



十分松島気分になったところでお昼。腹ごしらえに牛タン饅頭食ってみる。

くっさいフォーーーーーーゥ


午後は五大堂や、その周辺にあるお寺を散策。これが想像以上にすごかった!長くなったのでまた次回。
気がついたらここは仙台
杜の都が呼んでいる。そんな気がして気がついたら仙台行きの新幹線に乗っていました。
いやだってね。最近遠出してないし、人と行こうとしてもなかなか合わないわけです。もう我慢できない!って(笑)



てなわけで明日から県内観光に行こう。松島が見たい。仙台市街地はとりあえず夜ぶらぶら歩き回った。ていってもすでに9時過ぎでこれといって調べてもないし、牛タンとか笹かまくらいしか思いつかないし歩き回った結果、結局ペッパーなんとかってお肉系の店ですましてしまう私。実はこのチェーン店2回目。以前盛岡イーオンで食べたんだよね。1人だとねぇ、飲み屋とか入りづらい。酒飲めないとこういうとき損だよね。

しかし仙台は都会だ・・・。想像以上に都会だ。八王子なんて目じゃないね。当たり前か。

仙台気分を味わいたいからあおば通り歩いてみて、テレビでよくみる七夕祭りやってるとこはおそらくここだな的なアーケードを歩いてみたり、駅構内にある伊達政宗眺めたりした。まだまだ仙台!って気分が少ないがー。ゲーセンがやたら多い気がする。道が広すぎる気がする。

さて、明日はいよいよ目的の松島に乗り込むぞー!雨ってのがとても気になるが、船に乗ってみたいと思う。松尾芭蕉が見た景色を見てやろう。



仙台についてまず入ったのはヨドバシカメラってのはどーよ。と自分に投げかけてみる。
でも!新型iPodもnanoも売ってたかも・・・。東京でも売ってるのかな・・・。売ってないならここで買い・・・
拝啓、東の国から
どうも〜。晩御飯のお店を探して2時間半さまよった結果、吉野家で牛鉄鍋膳を食べたペペロンです。

どうも〜。お土産屋をうろうろしすぎたら顔を覚えられたペペロンです。

どうも〜。あまりに寂しくて真鍋かをりさんのブログ本を購入してしまったペペロンです。



拝啓、母上様。
本気だすと白い息が見えます。ここはもう冬です。同じ日の丸の国とは思えません。帰るはずの予定日が突然延長されました。今日から毎日黄色いシミのついた下着を着まわすことになりそうです。

真鍋かをりさんの本をうかつにも買ってしまいました。だって・・・

中の写真がとってもかわ美しかったんですもん

ブログのコツにならって強調文章を使ってみました。たぶん「真鍋かをり」というキーワードでごっそり人が釣れると踏んでます。ヘタしたら本人も見てくれるかもしれませんもんね。



千載一遇のチャンスなので2回目のトラバを試みる事にします。

ゲットだぜ!

古い、ダサい、何を?という突っ込みは受け付けません。

絶対に負けられない戦いが、そこにはある。

そこから生まれる何かがある。

トラバする記事と全く関係ないじゃないか、という問い合わせも一切受け付けません。男たるもの多少大胆に行かなくちゃならない時もあると思うんです。
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
LINK
RECOMMEND
アルトコロニーの定理
アルトコロニーの定理 (JUGEMレビュー »)
RADWIMPS
「おしゃかさま」
イントロから衝撃の連続!
鳥肌ものです(^_-)b
RECOMMEND
RADWIMPS4~おかずのごはん~
RADWIMPS4~おかずのごはん~ (JUGEMレビュー »)
RADWIMPS,野田洋次郎
勧められて見事に落ちました(笑)
個人的に「me me she」「傘拍手」「夢番地」が好きです。
RECOMMEND
SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD]
SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD] (JUGEMレビュー »)
Mr.Children
もうミスチルは神様。
RECOMMEND
HOME(通常盤)
HOME(通常盤) (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,Kazutoshi Sakurai
2007年初めから!
楽しみ!
RECOMMEND
大人の科学マガジンVol.09
大人の科学マガジンVol.09 (JUGEMレビュー »)

この価格であれだけのプラネが組めるならお得!おうちで星座を憶えて実際の空で探す楽しみを!
RECOMMEND
I LOVE U
I LOVE U (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,Kazutoshi Sakurai,Takeshi Kobayashi
「柄でもないけど 会えると嬉しいよ」〜CANDY〜
この絶妙な言い回しが近頃のミスチルの魅力!
RECOMMEND
ムーミン―名倉靖博画集
ムーミン―名倉靖博画集 (JUGEMレビュー »)
名倉 靖博
名倉靖博さんのムーミンだけを凝縮した作品集。心の安らぎを求める方におすすめ。
RECOMMEND
名倉靖博の世界
名倉靖博の世界 (JUGEMレビュー »)
名倉 靖博
とても柔らかい、そして暖かい名倉靖博さんの作品集。メトロポリスのキャラクターデザインも載ってます。
RECOMMEND
キングダムハーツ ビジュアルアートコレクション
キングダムハーツ ビジュアルアートコレクション (JUGEMレビュー »)

キングダムハーツのビジュアルコレクション。ステキな世界観!
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.